CONSULTING SERVICE

ペット業界に進出希望の法人様向け

ペット業界に進出希望の法人様に対して、業界特性のアドバイスやマーケットリサーチ、販売戦略の立案からプロモートまで行います。

健康食品及び健康関連商品のマーケットは、参入企業が増加の一途をたどっており、今後益々市場の奪い合いが過熱すると見込まれます。その中で勝ち抜いていく為には、“マーケットを熟知した戦略”“商品にエビデンスがある”ということは必須の条件と思われます。

パラディアムの強み

広告戦略や営業マンの個人的スキルは大変重要な要素ではありますが、物を売る上での絶対条件ではなくなりつつあります。そこで弊社は10数年来築きあげてきた大学関係者や研究者とのネットワークをフルに活用し、新たにエビデンスを確立したいクライアントに対し、コンサルティング業務、基礎データ・臨床データを提供する受託試験サービス、販売促進サービスを開始いたしました。

従来こういう特性のコンサルティングサービスは非常に高コストであり、費用対効果のメリットが出ないことも珍しくありません。また基礎・臨床データを研究機関に依頼した場合、実験方法やプロトコール等に口が出しづらく、期待していた試験結果が出ず、販売促進に結びつかない、などの声もよく耳にいたします。

当社は、この業務の目的を“臨床的効果を追求し、統合医療を推進する”ということに置いており、また大学関係者との間が緊密ですので、販売促進に結びつく実験プロトコールのご提案が可能であり、他社に比べて非常に低価格でご提供が可能です。

また、クライアントのニーズに応えるために、総合から小規模のスポット的なサービスまできめ細かに対応しております。

更に、弊社独自の獣医師とのネットワークも有効に活用できるので、新たにペットマーケットに参入希望なクライアントや、実験前に“効果の当たりをつける”動物臨床試験による プレ試験を希望されるクライアントに対し、ほとんどリスクのないご提案が可能ですので、お気軽にご相談ください。

目的

安全性が高く、臨床的効果の高い商品を社会に普及させ、ヒト・動物の健康に貢献する。

対象

医薬品および医薬部外品以外で、統合・補完医療の素材として使用できる、あらゆるジャンルの 商品。

条件

① 対象品に安全性が証明されていること
② 基礎データもしくは文献があること
③ クライアントがメーカーポジションもしくは発売元であること
④ ①、②、③に該当しないが,将来性が見込まれると判断された場合